事務局よりお知らせ

日本人会への入会、会費について

日本人会への入会に関する情報は、 こちらをご覧下さい。
2016年度(2016年4月~2017年3月)の会費の納入をお願いします。
なお、会費のお振込みの際は、必ず会員番号及び会員名のご記入をお願いします。

会報電子化のお知らせ

日本人会会報「ウィーンの風」につきましては、2013年5月号より 会員専用「ウィーンの風」 のページから、紙面がカラー化されたPDFファイルをダウンロードしてご覧頂くようになりました。 会員の皆様には、日本人会事務局から電子メールにて会員専用ページにアクセスするためのユーザー名及びパスワードをお送り致しますので、このユーザー名等を用いて会報をご覧下さい。 会報電子化の経緯等については こちらをご覧下さい。

開局時間変更のお知らせ

2015年5月より、開局時間が、 月、水、金曜日の9:00~12:00に変更となりました。
電話などでのお問い合わせの際にはご注意下さい。

「ウィーンに暮らす」改訂第五版2刷 好評発売中!

ウィーンに暮らす 日本語生活ガイドブック「ウィーンに暮らす」、昨春発行後、初回印刷分は完売となりましたが、この度増刷しました。
これからウィーン生活を始める方だけでなく、すでにお住まいの方にも、新鮮で、役立つ情報が満載です。
 ◆定価18€/会員価格12€
 ◆日本人会事務局、HIS ウィーン支店、日本屋で販売しています。
(内容)
 第1章 プロフィール 地理・気候/人口・人種、言語/祝祭日
 第2章 さあ出発 渡航の前に/荷物の発送/到着/入国したら
 第3章 住まいと通信・情報 電話/インターネット/郵便/テレビ/新聞・雑誌
 第4章 食生活と衣生活 食生活/レストラン/ワイン/衣生活
 第5章 車・交通機関 免許/車の購入/レンタカー/運転./公共交通機関
 第6章 医療と健康 渡航準備/医療/日常の構え/妊娠と出産
 第7章 学ぶ 幼稚園/教育制度/日本人学校/インター/習い事/図書館/外国語の勉強
 第8章 快適に暮らすために 治安/金融機関/保険/ショッピング/ペット/家族で楽しむ/便利アプリ集etc.

各種イベントのお知らせ

●館内ウォーキングツアー(10周年記念特別企画)「リヒテンシュタイン・シティーパレス」

2月16日(木) Aグループ9:30~10:40/Bグループ10:50~12:00 場所:リヒテンシュタイン・シティーパレス(1区 Bankgasse 9)  オーストリアとスイスにすっぽり囲まれているリヒテンシュタイン公国。地図を広げても見失ってしまうほどの小国です。 というのも、小豆島ぐらいの広さなのですから。公国それ自体は小規模ながら、海外所有地は公国の何倍もあります。 ウィーンのガーデンパレスやシティーパレスをはじめ、ウィーンの森に浮かぶリヒテンシュタイン城、チェコのヴァルチェ城や夏の離宮レドニッツ城など、 同家所有のお城が残存しています。リヒテンシュタイン家は、ハプスブルグ家に何百年も仕えた名門貴族でしたが、 1806年神聖ローマ帝国の崩壊によって独立国になりました。 以来、芸術の保護者としても名をはせ、個人美術品コレクションとしては、その数、質ともに世界一ともいわれています。 侯爵家の5世紀にも及ぶ歴代美術・工芸品蒐集の足跡は、現在もなお鑑賞することができます。ウィーンには同家の遺産であるガーデンパレスとシティーパレスなどが現存しています。 パレスの一般公開は通常、月1~2度程度ですが、今回、日本人会会員の皆様のために特別公開していただくことになりました。 このお城は建築当初、ファサードはウィーンで最初の盛期バロック様式でした。 その後、ロココ調に改装、19世紀には宮殿内にもモダンな技術が取り入れられるなど、歴史とともにより華麗になっていきます。 ところが、第2次世界大戦で爆撃され、再建が危ぶまれたほど・・・長い修復期間を経て、ようやく再建完了したのは2013年。 いまではウィーンに現存する最も華麗なシティーパレスとしてその名をはせています。 バロック様式の豪華な階段や漆喰天井、加えてネオロココ、ビーダーマイヤーと多様な様式もたっぷり堪能できます。 お子様連れのご参加も大歓迎です。ご家族、お友達をお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
■参加費:会員無料/非会員28ユーロ(入場料実費)   ■定員:各グループ先着25名
■申込み締切日:2月15日(水)    ■申込み先:事務局までメール、電話、Faxで。
★お申込みの際にご希望のグループ(AまたはB)をご連絡ください。

各種イベントのご報告